物心ついた時からおち●ちん大好きコスプレ女装男子、本気種付けSEX



数年前のこと。
女装コスプレ同人・おちんコスを始めて、次第に出演モデル応募も増え、ネット上での反応にも手ごたえを感じてきた頃、「おちんコス感謝祭」というイベントを五反田の雑居ビル地下で開催。
数名のおちんコスエロカワモデル、コスプレ&ウィッグ激安販売、メイクブース、写真撮影ブース、アニソンDJなどなど、おちんコスファンや興味のある人たち向けにワイワイ楽しめるイベントをやったのでした。

そこで特に人気だったのがメイクブース。
おちんコスでヘアメイクを頼んでいるメイクさん2名(ひとりは僕の高校の同級生w)にお願いしていたメイクブースはずっと行列ができていて、休む暇なくメイクさんは数々の男子たちに女装コスプレメイクを施していたのでした。

さて、そこに来ていたひとりの地方男子。
後に、おちんコス感謝祭に来ていたことを僕に告げてきた彼とは、東京に来るたび定期的に会うことになるのですが、その度に女装クオリティと活動の幅を広げていきます。
最初はおしとやかな女装趣味かと思っていたら、その活動はAVやエロ系イベントに。小柄でわりと大人しいタイプと思っていたら、物心ついた時からおち●ちんが大好きで同級生のち●ぽもしゃぶるほどのドスケベ変態男子でした。

そんな彼が女装を身につけ、会うたび可愛くエロくなっていくのですから最強です。
と同時に、もともとはおちんコスきっかけなのに、おちんコスで撮影してないとはどういうことか!?でも今さら本人から出たいと言ってくるわけでもないのに出てとお願いするのは違う………と変なプライドにも苛まれ。その間にあれよあれよ、彼はいろんなエロ映像作品にも出るのです。

おちんコスのほうがもっとエロく撮れる。

約4年間で派生作品も含め200本近く、すべて己の欲望にもとづいて撮ってきたおちんコスです。
ここは欲望に従って撮りたい!と素直になるべき。
ということで、彼に「おちんコス出てよ」と言うと「ずっと出たかったですよ」とあっさり。
カワイイやつめ!

そんな次第で数年越しの初撮影は、欲望ほとばしる60分1本勝負の生中出しSEXと相成りました。