初心女装子はじめての奴隷調教(1)

家畜志願の『あかめ』は、恥ずかしがりな和風美形女装子。まずは性感検査として耳の中、口腔内、と検査していく。

〈あかめ〉は、女の子の姿になってからの経験が浅いため、その姿でカメラの前に立つと羞恥心で自分から責めてとは言えなくなる。

しかし、脳内は完全なマゾなのだろう。屈辱的な弄りも素直に受け入れ、反応する。

本質は甘えん坊系のマゾなのか、抱っこして、キスをしてやるとどんどん昂奮していく。



腕を捻られても股間を私の身体にこすりつけ、みずから求めるようにキスをして、私のような中年男の口腔に舌を差し入れてくる。

〈あかめ〉に奴隷の印の首輪を与え、スパンキングのあと、股間を調べるとカチカチに勃起。

尻の穴をくじってやれば、快感の牝啼きを漏らした。