超高級女王様なオトコの娘 奴●にされて死ぬほどイカされて チ○ポ汁をダラダラ垂れ流す屈辱 松嶺こはく

こはく



SM倶楽部で女王様をしている『こはく』。

ある時、倶楽部でM男として調教している男に、専属にならないかと話を持ち掛けられる。

プレイが終わっているにも関わらず、M男に対するような物言いで男の申し出を断る、こはく。

すると、それに腹を立てた男は倶楽部に仲間を呼び、こはく女王様を押さえつけて、薬を嗅がせて眠らせるのであった。





目を覚ましたこはくは両手を拘束されており、その状況に怒りをあらわにするも時すでに遅し、余裕の表情の男達の快楽責めを受ける羽目に!!







序盤は女王様らしく強い口調で、抵抗するものの、実は人一倍敏感なこはく女王様の身体は、言葉とは裏腹に激しく反応してしまい、クリチ○ポはあっと言う間にギンギンに!!





我慢しきれず男達の責めを受け入れてしまうと、そこからは、身体を仰け反らせ、痙攣させながら、絶叫と共に何度もイキまくり、自分から「イカせて下さい!!」と懇願するまでに…