【最新作】カチクオトコノコ 10 多発性アクメ症の改造女体 れい















由緒ある家系の惣領息子として生まれた美少年『れい』。
周囲の誰からも大切にされ育ってきた、れいの心に宿っていたのは、どうしようもなく暴れ出す憐れなマゾの魂…
「最下級の娼婦になりたい。むしろ、わずかな対価さえすら得られない性奴になりたい…」
そんな思いを抱き続けた〈れい〉は、ついに自らを牝家畜の身体へと造り替えました。
マゾ改造した身体の中心で、ボンデージに反応したペニスが反り返り、その屹立を踏みにじられると、痛みと屈辱で恍惚となるほどの快感に酔いしれます。
男の肉欲に蹂躙されて淫乱な肉便器へと堕ちていくマゾヒストとしての姿をご覧ください。